Motorcycle & Everyday various

単車のリズムにのって、写真やら音楽やら。

蔵書とか。

・・・そろそろ、本気で床が下がってるんですが。

ま、マンソン1Fなので(笑)

f:id:geddy873:20180412021235j:plain

こんなの、ホントーに「ほんの一部分」なんですけどね。

 

さらに、イケナイ方向に手を伸ばしてしまって・・・・(ノ∀`)

 

f:id:geddy873:20180412021444j:plain

いや、昔っからすごい好きなんですよ。

夕焼けの詩 は地元の喫茶店(フツーの、満喫でもカフェでもない)二軒をぐるぐる通ってほとんど読破しましたが・・だからこそ「買って読もう」とは思わなかったのかも。

なんというか、トシ喰ってから読むとまた・・・グッとくる感覚がまた深くて。

 

そういや、たまに自画像というか・・ササッと「ヒトの顔」を描くと「西岸良平っぽいタッチですね!」とか言われたりする。

f:id:geddy873:20180412022232j:plain

コレは・・・・そうでもないかな?(笑)

 

話を「夕焼けの詩」に戻して・・・

いわゆる怪奇ものやSFスリラーな要素を多分に含んでいるのも、きっと「好き好きポイント」が高いのかな・・とあらためて読み返して思ったり。

「蜃気楼」は、確か1巻だけは一時所有してたはずで・・・買い直し。

文庫でもいいかな、と思ったけど、やっぱりB6版サイズが良いですね・・・

 

さて・・・本棚の、スペースは・・・と・・・(泣)